仙台藩天文学史

あなたは平成13年1月27日より、約  人目のお客様です。

杜の都の天文学史

天文史跡めぐり1

天文史跡めぐり2

天文史跡めぐり3

LINKBBS

きっずるーむ

書物/機器

宮城の天文古記録

宮城の天文人物史

コラム

 
 
 
 1684年、渋川春海は貞享の改暦を行い近代天文学が始まったとされています。しかし、この時期に天文と呼ばれていた学問は、現在の天文学とほど遠いものでした。
 早くから天文を取り入れ保護してきた仙台。やがて、その中から、本当に天文学と呼ぶべき学問が誕生していきます。

 近年、宮城県岩出山町で見つかった多くの古文書や、県内に散らばる様々な史料から解ってきた、知られざる天文学史を紹介しています。

織り姫の像(勾当台公園西側)

 
   
   
 宮城県岩出山町 町史資料集第三集 
   「天文暦学者 
名取春仲と門人たち

       第2版 好評発売中!

   詳しくはこちら  岩出山町のHP

  管理人が関わった初めての資料集です。従来、天文学史 では語られていなかった”天文道”の世界が広がっています。是非、読んでみて下さい!

   
ブログ・始めました!      ブログ版・仙台藩の天文学史 

こっちの方が読みやすいかも  Wiki版・仙台藩の天文史

 こちらもよろしく願います。 仙台郷土研究会

 江戸時代に活躍した埼玉の天文学者・千葉歳胤のHPです。 千葉歳胤

 
 このホームページは、七夕で有名な杜の都・仙台が300年前から、星の都であったことを究明するため、更には近代天文学の誕生の裏には思想としての天文があったということを証明するためにあります。
 このため、仙台を取り巻く
あらゆる天文情報を探しています。ご先祖様が天文学者だった・・・ヘンな古文書がある・・・こんな言い伝えがある・・・などがありましたら、どんなことでもBBSにどんどんと情報をお寄せ下さい。特に、民俗学的な見知からの情報が不足しています! 当方、専門家ではありませんが、心を込めて調査させて頂きます!
 

mail : m-donchan@mail.goo.ne.jp

 
inserted by FC2 system